九星気学で相性チェック!【専門サイトを上手に活用する】

左右の違いの意味とは

手相

生まれつきと現在の運勢

手相は右手と左手で異なります。左右対称にまったく同じという人はまずいないでしょう。それでは、手相占いをするときはどちらを見れば良いのでしょうか。一般的に、手相占いにおいては左手は生まれついた時に持ち合わせていた運勢や性格を表すとされています。たとえば、薬指の付け根をぐるりと囲む線(太陽環)が左手にある場合、それは生まれつき美的センスが優れていることを意味します。正しい方向で努力すれば、アーティストとして成功を得ることができるでしょう。しかし、仮に左手の手相があまり良くないものであっても心配は要りません。人の運勢や性格は、その後の人生で変ってくるものです。生まれつきの才能がない分野でも、努力をすることで伸びることは可能です。手相占いでは、その努力やこれまでの人生で得た結果は右手に現れるとされています。今の自分の性格や運勢も右手の線から読み解くことができるのです。左手はそうでもなくても、右手に良い線がたくさんある場合、まじめに誠実に努力をしてきた人ということになるわけです。左手と右手に同じ線があるという場合は、持って生まれた性格や運勢のまま素直に生きてきた証となります。まっすぐに手のひらを横切るマスカケ線のような縁起の良い線であれば、まったく問題はありません。しかし、たとえば感情線が途切れ途切れであるなど、あまり良くない線が左右どちらにもある場合は、少し性格を変える努力をした方が良いでしょう。ちなみに、マスカケ線は人の上に立つ相で、途切れがちの感情線は急に感情的に怒りだしたり暴れたりする性格を意味します。なお、手相は変化していきますので、悪くても落ち込む必要はありません。誠実にまじめに生きることで、良い運勢を招くことができ、それは手相にも反映されるでしょう。

Copyright© 2018 九星気学で相性チェック!【専門サイトを上手に活用する】 All Rights Reserved.