九星気学で相性チェック!【専門サイトを上手に活用する】

結果が変わる占いとは

手相占い

両手を見れば運勢が分かる

人気のある占いに手相占いがあります。手相占いの大きな特徴は、星座占いや血液型占いとは違い時とともに変化する場合がある事です。手相は変わると言われています。ですから、何か現状に不満があって変えたいと思っている場合でも諦めずに、ご自身でも手相をチェックしてみるといいかもしれません。さて、手相を占うにあたって右手と左手のどちらを見ればいいのか、とまずは思うでしょう。一般的に右手が顕在的な状態、いわゆる表の顔を、左手が潜在的な状態、いわゆる裏の顔を表すと言われています。なので本質を知りたい占いの場合は、左手を見る場合が多いようです。現状をチェックする際には右手を見る方が確かかもしれません。右手が悪くて左手がいいという人は、表にはまだあまり表れていないが、実は潜在的なポテンシャルの高さがあって、今後それを発揮して活躍できる可能性があるという事です。なお、これは右利きが多い一般論の話で、左利きの場合は上記が全て逆になるという説もあります。要は利き手ではない方の手に、本質が表れやすいという事ですね。その根拠は、普段から利き手の方がよく使うので努力によるシワ、つまり努力の結果(現在の自分)が反映されやすく、利き手でない方の手はあまり使わないので本来の先天的な性質が表れやすいからだと言われています。とは言え運というのは本質と努力の両方あってのものですから、両方の手を見て鑑定するのが一番確実でしょう。

Copyright© 2018 九星気学で相性チェック!【専門サイトを上手に活用する】 All Rights Reserved.